【はかま】意外と難しいリボン結び♡コツの紹介♪解説ブログ<Belchannel-ベルチャンネル->

今回は袴着付けSTEP2の帯結びです。

簡単そうに見えますが、シワが出来やすかったり緩んだりしやすく、ちょっとしたコツが必要になってきます。袴の土台となるのでしっかりとしたリボン結びを心がけましょう。

参考動画


POINT①

手先は長めにとりましょう。短くとってしまうと最後に帯の下部分から出せな句なり、リボンをしっかりと締めれなくなります。

初めにもお伝えしましたが、リボンは袴の土台となる部分なのでしっかりと結べるように手先は長めにとっておきましょう。

POINT②

帯を締める時はこの方向に力を加えましょう。 こうすると帯が緩みにくくなりしっかりとした土台が出来上がります。

POINT③

リボンが背中心の真ん中に合わないようであれば、リボンの中に指を入れると背中心の真ん中に合わせることが出来ます。

関連記事

袴着付け 第1回 着物のお着付け Youtube→https://bit.ly/2vvOOEV 解説ブログ→https://bit.ly/2Hoew0w

袴着付け 第3回 袴のお着付け Youtube→https://bit.ly/2UQX2lq 解説ブログ→https://bit.ly/39C4rsT

まとめ

帯は袴で見えなくなりますが、両サイドは見えますし何度もいいますがリボンは袴の土台となるので時間が経っても崩れないようにしっかり結ぶようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます★

最新記事

すべて表示

ここ1・2年の間にYoutubeやインスタなどの動画コンテンツが爆発的に認知度が上がりました。 それまでは成人式前や前撮り・後撮り前の振袖帯結びを参考にするといえば主に「本」や着付け教室の先生にお手本を頂いていましたが 帯結びの方法を本で見ても分かりにくい。 お教室の先生にお手本を習っても数が少ない、または自分的にしっくりこないなど問題が多々ありました。 今では帯結びを参考にしたいと思えば朝だろ