【帯締め】平組の結び方。早く綺麗に結ぶコツを紹介しますd^^解説ブログ<Belchannel-ベルチャンネル->

今回は、留袖や訪問着などによく使われる平組の本結び。 丸ぐけと違い裏表があり、平なのでホンの少しだけクセがありますので参考にしていただけたらと思います★

参考動画


POINT①

左右の長さを同じにする

テンションを掛けて左右同じ長さに合わせてください。 ここが違うと全てが狂います。

POINT②

くくり目と丸を作った紐を上下揃える

綺麗な結び目を作るコツは持ち手の紐を結び目の下に持ってきて上下を合わせると綺麗な結び目ができます。

POINT③

輪っかを小さく作る

上の写真のように輪っかを小さく作り、紐の先からではなく根元から輪っかに通すと綺麗に素早く、くくる事ができます。 ここを大きく先から通してしまうと絞った時に左右の紐の長さが違ってきます。

最後に

今回から3回に分けて紐の括り方を紹介していきます。細かな所ではありますが、重要な作業になってきますので是非参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございます★

最新記事

すべて表示

ここ1・2年の間にYoutubeやインスタなどの動画コンテンツが爆発的に認知度が上がりました。 それまでは成人式前や前撮り・後撮り前の振袖帯結びを参考にするといえば主に「本」や着付け教室の先生にお手本を頂いていましたが 帯結びの方法を本で見ても分かりにくい。 お教室の先生にお手本を習っても数が少ない、または自分的にしっくりこないなど問題が多々ありました。 今では帯結びを参考にしたいと思えば朝だろ