カラーグレーディング by Premia pro

僕たち夫婦が2019年10月にYoutubeを初めてから動画編集の勉強を独学でやってきたけど、未だによく分からないこの「カラーグレーディング」

他の作業でよくある切ったり貼ったりする方法は検索すればすぐに出てくるし、その方法で誰もが同じアクションを起こせるようになるけど、このカラーグレーディングは個人個人全然違うくて、まだこの色使いでいこう!っていう色が決めれないし決める方法が分からない。

今回ちょっとヒントになる物を勉強したのでこの記事に残しておこうかと思います。インスタ@nigonigomeeさんとの初コラボ動画で気合が入っていたのでがんばりました。こちらの動画でやりました。


カラーグレーディング

動画内の色味を自由に調整して個人の好きな世界観を作り出す。

切ったり貼ったりトランジションやエフェクトももちろん大事なんだけど、パッと見た印象ってやっぱり色で決まるんじゃないかなと思います。なのですごく大事。

以前Youtubeでカラーグレーディング(Lumetriカラー)を検索したけど出てきたのは基礎中の基礎を紹介してる動画だけで、もちろん僕自身も初心者なのでそのやり方でずっとやってきたし、その方法しかないんじゃないかと思ってました。

もっと色使いを好きなように変えるには高額なソフトを購入しないとできない。 みたいな・・・。でも、そうでもないみたいです。

HSLセカンダリ

最近有名な着付け師さんとCheeがコラボ動画を撮影することになりました。 インスタグラマーの@nigonigomeeさんです。

せっかく撮らせていただくので良い動画にしたい! ということで、数ヶ月ぶりにもう一度調べ直してみると

ありました。

このHSLセカンダリを活用したカラーグレーディングの方法が・・・ 以前にも少し触った事があったのですがちんぷんかんぷんでした。

HSLセカンダリってこんなやつ

ゆっくりと紐解いていくとな何となくわかってきたので今回のコラボ動画はこれを活用した編集をしてみます。

ってか、これ使えなかったら無理なんじゃね? と思うくらいです。

使い方

ここでは僕が学んだ方法を残しておきます。

肌の色を強調し背景を青にする方法です。

まずは

  1. 新規調整レイヤーを動画の上に設置し選択

  2. 「基礎補正」でコントラスト、明るさを整える。

  3. 新規調整レイヤーを動画の上に設置し選択

  4. 「設定カラー」の横にある「スポイト」をクリック

  5. 「スポイト」で肌をクリック

  6. 「リファイン」の上にある「カラー/グレー」の左の□「マスク」にチェックを入れる。 これで肌の色にマスクが掛かった状態になる。

  7. 画面が白くなるので「設定カラー」したのH・S・Lを動かしてなるべく肌だけ見えるようにする。

  8. 「リファイン」の上にある「カラー/グレー」の右にある□の中に丸があるマーク「反転」を押す。(青に変わる) 逆に肌が白くなるので白くなっていないところがあれば、白くなるようにH・S・Lで調整する。

  9. 6の「マスク」のチェックを外す。

  10. 「カラーホイール」で背景を青の方向に動かし好みで調整する

  11. 1の調整レイヤーのカーブ「色相vs彩度」の赤周辺を上げて肌の色を濃くする。

  12. 「輝度vs彩度」の半分より少し左側(暗い方)に点を打ち、左端を下げる。

以上です。

いつもは基礎補正の色温度でしか色味を調整してなかったので全体が変色してましたが、これで狙った色を残す事ができるようになりました。

最後に

まだまだ全然わかってないので、違うやり方があるよ〜っていう方、是非コメントください。

いや〜、それにしてもコラボって面白いわwww

最後までお読み頂きありがとうございます★

最新記事

すべて表示

ここ1・2年の間にYoutubeやインスタなどの動画コンテンツが爆発的に認知度が上がりました。 それまでは成人式前や前撮り・後撮り前の振袖帯結びを参考にするといえば主に「本」や着付け教室の先生にお手本を頂いていましたが 帯結びの方法を本で見ても分かりにくい。 お教室の先生にお手本を習っても数が少ない、または自分的にしっくりこないなど問題が多々ありました。 今では帯結びを参考にしたいと思えば朝だろ

皆さん今晩は 明後日ようやく念願の着付け塾のセミナーが開催できます。 というのも本来は4月27日に行う予定だったのですが、このコロナ騒動で緊急事態宣言が発令され中止せざるをえませんでした。 あれからほぼ4ヶ月 正式に「着付け塾Belfascino~ベルファッシノ~」として生徒さんも来ていただける環境が作れ、日々生徒さん達のお役に立てていると実感できるようになって私自身も勉強になり、以前よりもパワ