• D

シングルマザーが着付師・美容師になった話 第6章

美容師免許

前回の目標「着付け留袖部門のコンクールで優勝する」を達成し年が明けて次の目標の美容師の国家試験を受ける年になりました。

美容学校に入って1年生の時ははワインディングという技術を勉強します。パーマかけるときに巻くあれです。髪の毛を10個にブロッキングして、ロットを巻いくのですが一本に巻く髪の毛の量や巻く角度がすごく難しかったです。それを20分で仕上げなければなりません。

2年生になるとオールウエーブを勉強します。7段構成のオールウェーブを、フィンガーウェーブとピンカールをつかって25分で仕上げます。ローションをこれでもかってくらいつけてるんです。手を洗ってもなかなかとれないし臭いしめっちゃ嫌いでした(笑) 3年生ではカット・レイヤーカットを勉強し前髪何センチ・トップ何センチ・もみあげ何センチ・ネープ何センチって決まってて全体をつなげていくカットは楽しかったです。

試験課題

通信は国家試験課題3種を3年かけてレッスンしていきますが、国家試験はワインディングかオールウエーブのどちらかとカットと学科試験を行います。

私達の実技課題はオールウエーブとカットでした。私はオールウエーブが苦手でどうしたものかと凄く焦っていました。でも、決まったからにはやるしかない!練習あるのみです。

国家試験間近になると、毎日毎日スクーリングがあり朝から18:30までの時間帯で3コマに分かれて自分のライフスタイルにあわせてレッスンを受けます。

実技試験

受けるからには1回で合格したいので、それはそれは毎日通いました。 仕事の日は終わってから学校に行き1時間ちょっとしかレッスン受けれなかったけど、兎に角毎日手を休めることをしないようにしたら、だんだん上手になっていきました。なんせ7段構成で1段ずつカールが違うので、出来ないカールは色々な先生の技を盗んだり意見をきいて取り入れたりして自分ののもにしていきタイム25分に入るようになっていきました。 どんどんタイムにも入って、仕上がりも綺麗になってくると、あれだけ嫌いで苦手意識強かったのがどこへやら。(笑)

あれだけ練習したけど、国家試験中ずっと手が震えてかなりやばかったです。震えすぎてピンが取れない事もありました。

カットのときも、ずっと手が震えっぱなしでした。

学科試験は実技の国家試験が終わってから1ヵ月後。

試験科目は

  1. 関係法規・制度

  2. 公衆衛生・環境衛生

  3. 感染症

  4. 衛生管理技術

  5. 人体の構造及び機能

  6. 皮膚科学

  7. 美容の物理・化学・香粧品

  8. 美容理論

こんなにもあるなんて・・・

やる前から知ってたけど、改めて言われると唖然としました。学科が大嫌いな私は机の上に山積みに置かれた教科書たちとにらめっこしてなかなか手が出ませんでした。

そこから1ヶ月間学科試験に向けてのスクーリングを開始し仕事で受けれなかった科目もあったけど、プリントをもらったり、クラスの方に過去問の答えを教えてもらったりして、3年間同じクラスだった方とこの終わり掛けに仲良くなりました(笑)

勉強した中でも有機化合物の頭文字を並べて、呪文のように何度も言って覚えたので今でも有機化合物は覚えてます!

色々な教科の先生が覚えやすいように教えてくれました。 家ではテーブルの自分が座る目の前の壁・トイレなどにプリントやノートを貼って常ににらめっこ状態で、家族のほうが覚えてた・・・みたいな(笑) 若かりし時の覚えのスピードに比べたら、年々劣っていって覚えるのにだいぶ苦労しました。

試験当日

学科試験は美容師・理容師同時に行われ大学が試験会場だったのですが、すんごい数の方が受験されてました。

1年に2回夏と冬に美容師・理容師の国家試験が開催されますが、私が受けたのは夏、夏だけでもすごい数なので1年に2回もだったら、もっとすごい人数だし、大阪だけではなく、全国各地で試験が行われていて、毎年すっごい数の美容師・理容師が誕生してるってことになります。

過去の合格率を見てみると

平 成 30 年 度第39回理容師国家試験第39回美容師国家試験受験申込者数1,175人受験申込者数18,814人受験者数1,156人受験者数18,521人合格者数923人合格者数15,956人合格率79.8%合格率86.2%第38回理容師国家試験第38回美容師国家試験受験申込者数848人受験申込者数5,335人受験者数830人受験者数5,076人合格者数477人合格者数2,565人合格率57.5%合格率50.5% 引用元:公益社団法人 理容師美容師試験研修センター

これは平成30年度ですが過去3年間を振り返ってみると何故か夏より冬の方が高くなってます。これは何故かというと春に全日制の美容学校生が受験するためです。

試験結果

そして試験が終わり合格発表までに美容学校の卒業式が行われ、無事に美容学校卒業すことができました。試験はなんとか合格できました。この学科試験を二回も受けたくなかったので一発で合格できてホント良かったです。

最後の免許交付にあたり医師の診断も通り 美容師免許GET!!! これからまた色んな事に挑戦できる!と心躍らせてテンションMAXになっていたことを思い出します。

最後に

この時すでに40歳。 みなさん何かを始めようとする時、「年齢の壁を感じて一歩を踏み出せない」そんな風に思ったことはないでしょうか?何歳から始めようとやりたいことに全力で取り組んでいる姿は美しいと思います。人生は一度しかないです。

やっちゃいましょう!!

次回は美容師免許取得者のみが出場できる美容組合の美容技術選手権大会に参加した頃のお話をしていきます。 最後までお読みいただきありがとうございます。

最新記事

すべて表示

前回、美容師免許を取得することができたお話でした。 年が明け年度末にご縁があり再婚し、それと同時に引っ越してをして 子供たちは転校し 新しい環境での再出発となりました。 そして今年は、更にレベルの高いコンクールに出場したお話です。 美容組合の美容技術選手権大会 これは美容師免許を持っている人だけが出場でき、ハイレベルな技術を競い合う大会です。競技種目によっては、優勝・準優勝したら全国大会に出場す

新たな目標 コンクール振袖部門で優勝し応援してくれた皆さんと一緒に写真を撮ったりお話をし初のコンクールで優勝できた事を実感しだした時、来年もコンクールに出たいと思うようになってきました。 そして、優勝したのもつかの間「来年のコンクールで留袖部門に出場し優勝する」に目標が決まりました。 修行再開 前回の振り袖と今回の留袖では補正のラインが全然違うので補正からもう一度レッスンを開始しました。 補正とは

着付け講師 学校を卒業してからそのまま先輩講師のアシスタントとして授業に参加し、ノウハウを身に付けた段階で正式に着付けの講師としてデビューしました。これで今まで自分がインプットしたことをアウトプットできる環境が出来ました。 不安な気持ち・自分を変えたいと思う気持ち・子供にママの頑張ってる背中を見せたい等々、色々な期待と夢を持って色々な環境で生きてきた生徒さん(下は16歳~上は60歳までの方が入学さ