徳を手にする方法

今回は前回に引き続き先日僕が倫理法人会MSで学んだ徳を手にするにはどうすればいいかを紹介したいと思います。

またまた深い言葉ですが、さて「徳」とはそもそもどういう意味があるのでしょうか?

ここはwiki先生に教えていただきその後にどうすれば取得できるか紹介していきます。

最後までお読み頂けたら嬉しいです★

徳とは

徳(とく、: ἀρετή アレテー: virtūs, : virtue)は、人間の持つ気質や能力に、社会性や道徳性が発揮されたものである。 徳は卓越性、有能性で、それを所持する人がそのことによって特記されるものである。人間に備わって初めて、徳は善き特質となる。人間にとって徳とは均整のとれた精神の在り方を指すものである。これは天分、社会的経験や道徳的訓練によって獲得し、善き人間の特質となる。徳を備えた人間は他の人間からの信頼や尊敬を獲得しながら、人間関係の構築や組織の運営を進めることができる。徳は人間性を構成する多様な精神要素から成り立っており、気品、意志、温情、理性、忠誠、勇気、名誉、誠実、自信、謙虚、健康、楽天主義などが個々の徳目と位置付けることができる。 引用:wikipedia

すごく難しい事が書かれていますが要は 「めっちゃ人間ができている人が持っているオーラみたいなもの」です。

この方法をお読みになって頂ければ分かるのですが、これが日頃出来ている人ってめっちゃ人間が出来ています。

徳を手にする方法

徳を高めると人望が高まり信者(ファン)が増えお金が儲かるという仕組みがあります。

この学びで凄いことに気付かされたのですが

「儲」という字

「信」と「者」

が集まった漢字なのです!

あれ!? そんなに・・・・

ビックリされませんでした?

なので徳を高めて人が集まってくるとお金も集まってくるんです。

以下に徳を高める方法を紹介します。

  1. 早起きし、目が覚めたらサッと起きる(感謝して寝ると感謝して起きれる)

  2. 親を喜ばせる(自分の誕生日に花束を贈る)

  3. 社員ファースト(社員に感謝・大家族主義)

  4. 地元や仲間から物を買う(地元業者から物を買う)

  5. 物を大切にする(道具や車を大事に手入れする。挨拶をする。名前を付ける)

  6. 場に礼を尽くす(自宅・会社・会場・ゴルフ場等)

  7. 手紙・葉書の返事はすぐに書く(手書き)

  8. 飲み会は早めに帰る(三次会・四次会には行かない)

  9. 「ありがとう」を言う(感謝の言葉を積極的に使う)

  10. 約束を守る(時間・自分との約束・目標達成・有言実行)

上記に書いた10項目は「純粋倫理(絶対倫理)」と言います。 こうすれば絶対こうしかならないとう行動です。

そしてこれは人間であれば誰でも実践できます。

と言う事はこの記事をご覧になっている方全員 将来的に人望が高く裕福になれますね。

効果はいつ現われる?

一気に全部はやれないという方はできる事からコツコツと実践していきましょう。 ただすぐに「効果を感じられない」と言う方がいるのですが、前回の記事にも紹介しているのですが、「人とお金が儲かる薬」は漢方薬です。

何年も何年も掛けてゆっくり効果が出てきます。 知らない間に気付いたら変っちゃってる?みたいな

僕もできていない事が沢山あるので頑張っていこうと思います。

最後に

2020年12月22日より風の時代が始まったと言われています。

それまでは200年以上続いた「土の時代」 権力や物質を沢山持っている人が優雅な人生を送れた時代から

「風の時代」 人の心が豊かな人が優雅な人生を送れる時代

に変わり去年2020年は時代の変換期の為、色んな予測不可能な事が沢山起こったと言われています。(引越しの時にもいっぱい埃が出たり、思わね所からヘソクリが出てきたりしますよね。そんな感じです)

と言うことは誰でも優雅な生活が遅れる可能性があるということですね。

もう一つ成功するための方法を紹介します。

成功するまで「続ける」

これです。 成功者が言っているので確かなのでしょう。

僕達夫婦も毎日実践している事が沢山あります。 そして、何か良い事があったときには感謝するようにしています。

皆さんもやれることから少しづつ実践してみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございます★